04月

52歳弟の「孤独死」が兄に作り上げさせた仕組み  その先に起こりうる悲劇を防ぐために

2019年04月21日東洋経済

特殊清掃、略して“特掃"――。

LinkIcon詳しくはこちら

単身高齢者、ICTで見守り 睡眠・呼吸・脈拍……

2019年04月19日朝日新聞

 情報通信技術(ICT)を活用したまちづくりを進めるため、神戸市はNTTドコモと連携協定を結んだ。

LinkIcon詳しくはこちら

HTB、見守りロボット販売 事業の柱に育成

2019年04月16日日経新聞

テーマパークのハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)は16日、スタートアップ企業などと共同開発した高齢者向けコミュニケーションロボットの販売を始めると発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

セコム シニアの見守りスマホで サ高住宅取り込む 

2019年04月16日日経新聞

セコムは17日、スマートフォン(スマホ)を使い高齢者の体調を見守るサービスを始める。

LinkIcon詳しくはこちら

ヤマダ、IoT活用した家の管理サービス ソフトバンク系と組む

2019年04月11日日経新聞

家電量販店最大手のヤマダ電機は11日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した住宅向けサービスの提供を始めると発表した。

 LinkIcon詳しくはこちら

高齢化や買い物 対策待ったなし

2019年04月11日日経新聞

国土交通省の調査によると、立地面積5ヘクタール以上の住宅団地は全国に約3000あり、その3割が入居開始から40年以上経過している。

 LinkIcon詳しくはこちら

愛知)ある「孤独死」が変えた地域 町内会長の決断

2019年04月11日朝日新聞

 2006年秋、愛知県安城市城南町で独り暮らしをしていた男性が「孤独死」した。

 LinkIcon詳しくはこちら

見守りサービスに関するアンケート調査

2019年04月02日PR Times

 マイボイスコム株式会社は、『見守りサービス』に関するインターネット調査を2019年3月1日~5日に実施し、10,602件の回答を集めました。

 LinkIcon詳しくはこちら

30~40代の「孤独死」壮絶な後始末に見えた現実 今の日本では誰に起こってもおかしくない

2019年04月01日東洋経済

特殊清掃、略して“特掃"――。遺体発見が遅れたせいで腐敗が進んでダメージを受けた部屋や、殺人事件や死亡事故、あるいは自殺などが発生した凄惨な現場の原状回復を手がける業務全般のことをいう。

LinkIcon詳しくはこちら

03月

東急リバブル、IoT見守りサービスを用いた活動を開始

2019年03月29日マイナビニュース

東急リバブルは3月29日、ottaが提供するIoT見守りサービスの基地局として、サービス提供エリア内の店舗と社員に支給している約3200台のスマートフォンを活用した子供や高齢者の見守り活動を4月1日から開始すると発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

高齢者見守りで「脱下請け」 中小企業、技術活用で狙う 介護人材の不足解消効果も期待

2019年03月25日SankeiBiz

 下請け体質からの脱却と独自商品の創出に挑む中小企業が増える中、ソフトウエアの評価・開発を手がけるエリントシステム(川崎市中原区)は、高齢者の増加で成長が見込める介護・医療分野で自社ブランド商品を投入する。

LinkIcon詳しくはこちら

【終活の経済学】「おひとりさま」の安心終活術(6) 緊急時、終末期に備える

2019年03月25日SankeiBiz

 実際に差し迫った状況になってしまってからでは、できることはかなり限られてしまうのが現実だ。

LinkIcon詳しくはこちら

位置情報受信で見守りシステム 伊丹市とヤマト運輸実験

2019年03月19日神戸新聞

 兵庫県伊丹市などは18日、ヤマト運輸のドライバーが位置情報を受信するスマートフォンを持ち、集配車での移動中に、発信器を持つ子どもや高齢者の所在を把握する実証実験を始めた。

LinkIcon詳しくはこちら

昭文社と三菱地所コミュニティ、QRを使った「見守りサービス」を推進

2019年03月18日マイナビニュース

昭文社と三菱地所コミュニティは、QRシールを使った道迷い早期発見サービス「おかえりQR」(昭文社運営)の優待販売を開始する。

LinkIcon詳しくはこちら

増える高齢者への賃貸入居拒否 「孤独死、滞納に懸念」

2019年03月16日京都新聞

 孤独死や家賃の滞納などへの懸念から、高齢者が賃貸住宅の入居を拒まれる例が増え、全国的な課題となっている。

 LinkIcon詳しくはこちら

高齢者 センサーで見守り 射水 県立大教授ら特養で実験

2019年03月16日中日新聞

 センサーを用いた高齢者の見守りシステムを研究してきた県立大工学部電子・情報工学科(射水市)の鳥山朋二教授(57)らは十五日、実験の場とした同市戸破の特別養護老人ホーム「雅」で研究の成果を発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

レーダーで高齢者見守り ドコモと神戸市、夏にも実証実験

2019年03月15日産経新聞

 NTTドコモは14日、出資先の米ITベンチャーが開発したセンサー技術を活用し、一人暮らしの高齢者をレーダーで見守る実証実験を神戸市で始めると発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

杖にIoT? オートバックスが「見守り」を新事業にするワケ 

2019年03月13日ITmedia ビジネスオンライン

 カー用品店として知られるオートバックスセブンが、新事業に着手している。

LinkIcon詳しくはこちら

ソニー系 照明器具で単身入居の高齢者を見守り

2019年03月08日日経新聞  

ソニーネットワークコミュニケーションズ(東京・品川)は8日、賃貸不動産に住む高齢者向けに、照明器具を使った見守りサービスを6月から開始すると発表した。

LinkIcon詳しくはこちら 

コンパクトな緊急ボタンで警備スタッフが駆けつける「東急セキュリティ レスQ」 工事不要で利用可能

2019年03月04日ITmedia Mobile

 東急セキュリティは2月28日、新サービス「東急セキュリティ レスQ」を発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

高齢者見守り体制急務 / 岩手県

2019年03月01日読売新聞

 県が2011年度に策定した復興基本計画は今年度末で終了する。

LinkIcon詳しくはこちら

02月

孤独死の現場 日常のつながり薄れ 

2019年02月28日琉球新報

 「会うたびにやつれていた」
 昨年9月に孤独死した60代の男性が住んでいた本島中部にあるアパートの大家はこう証言する。

LinkIcon詳しくはこちら 

災害公営住宅「孤独死」21件 

2019年02月27日NHK

震災と原発事故により避難する人が入居している県内の仮設住宅の戸数は、先月末の時点で501戸と、ピーク時の3%程度になりました。

LinkIcon詳しくはこちら

高齢者ら電波で追跡 小型タグとスマホで位置情報 幸手市 

2019年02月27日東京新聞

 幸手市は、電波を発信する小型タグを活用して、認知機能の低下などで行方不明になる恐れのある高齢者らを見守る「つながり安心ネットワーク」事業に新年度から乗り出す。

  LinkIcon詳しくはこちら

IoTは働き盛りや子育て世代の不安解消に期待--MMD研究所などが分析 

2019年02月25日WirelessWireNews

IoT化が進展していく中で、「生活と時間」「育児」「健康と高齢」といったテーマに対してどのような期待や要望があるか。

  LinkIcon詳しくはこちら

第6部「孤独大国」(4) センサーで遠隔「見守り」  話し相手はロボット 

2019年02月20日47NEWS 

「動きを感知しました」。2018年10月のある朝、堺市の団地に1人で暮らす井上恵美子(75)が冷蔵庫からペットボトルを取り出した瞬間、大阪府内の別地域に住む長男(47)の携帯電話にメッセージが届いた。

 LinkIcon詳しくはこちら

子どもら見守りにIoT 袋井市が実験 GPSで居場所表示 

2019年02月18日読売新聞

 袋井市は、あらゆるものをインターネットにつなぐ「IoT」を活用して、子どもや高齢者の居場所を全地球測位システム(GPS)で確認する実証実験を始めた。

LinkIcon詳しくはこちら

孤独死、身元不明、高額財産…相続財産管理人の現場 

2019年02月17日毎日新聞

 身寄りのない人が亡くなり、財産は残ったが、法定相続人(配偶者や子、両親や兄弟)はおらず、遺言もない――。

LinkIcon詳しくはこちら

トーンモバイル、家族3世代向けスマホ 

2019年02月14日日経新聞
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)子会社で格安スマートフォン(スマホ)事業のトーンモバイル(東京・渋谷)は14日、家族3世代で使える新しいスマホ端末を発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

悪徳業者横行?「遺品整理ビジネス」の現場で起きていること 

2019年02月12日ビジネス+IT

2036年には総人口の3人に1人が高齢者になると推定される日本。これからは、一人暮らしで最期を迎える「孤独死」が増えることが予想される。

LinkIcon詳しくはこちら

テレビのリモコンで安否が確認できる! 乾電池が一人暮らしの高齢者を守る「MaBeee見守り電池」 

2019年02月06日livedoor

高齢化社会を迎えた日本では、一人暮らしの高齢者の増加と安否確認は大きな課題となっている。

LinkIcon詳しくはこちら

在宅高齢者とTV通話、システム共同開発 エヌ・デーソフト  

2019年02月05日山形新聞 

 介護・福祉関連業務支援ソフト開発のエヌ・デーソフトウェア(南陽市、佐藤広志社長)は、在宅高齢者の緊急通報・安否確認システム「ほのぼのTV通話システム」をIT企業のオプティム(東京)と共同開発し、提供を始めた。

LinkIcon詳しくはこちら

沿線住民の健康「見守り」…近鉄が腕時計型端末使い、鉄道事業者初の試み 

2019年02月05日読売新聞

 近鉄グループホールディングス(大阪市)は4月から、奈良市の沿線住民300人を対象に、腕時計型のウェアラブル端末を使って健康状態を管理する実証実験に乗り出す。

LinkIcon詳しくはこちら

東京電力EPの高齢者見守りサービス付き分譲マンション、駅直結シニア向け物件に 

2019年02月04日BCN

 東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)とサンヨーホームズは2月1日、高齢者が健康に暮らしていくための新サービスの検討などを目的に基本合意書を締結した。

LinkIcon詳しくはこちら

静岡県袋井市で見守りサービスを活用した実証実験 

2019年02月04日マイナビニュース

中部電力と静岡県袋井市は2月4日、中部電力の見守りサービス「どこニャン GPS BoT」を活用した実証実験を開始した。

LinkIcon詳しくはこちら

IoTスタートアップ13社の取り組みからわかる「IoTで何ができるのか」 

2019年02月04日ビジネス+IT

IoT(モノのインターネット)が盛り上がりを見せている。IDC Japan が2018年9月に発表した報告によると国内IoT市場における2022年の支出額は11兆7,010億円になるという。

LinkIcon詳しくはこちら

1200人が登録、宇部市の「安心コール」 

2019年02月01日宇部日報

 宇部市は、急激に高齢化が進展する中、2016年度から65歳以上の一人暮らしを対象とした見守り安心コールサービス事業を実施している。

LinkIcon詳しくはこちら

オートバックス、新ブランド「WEAR+i」設立 IoT活用の見守りサービスなど展開へ 

2019年02月01日Response.

オートバックスセブンは新ブランド「WEAR+i(ウェア アイ)」を設立、IoTを活用した見守りサービスなど、安心・安全で豊かな生活に貢献する新たな取り組みを開始した。

LinkIcon詳しくはこちら

01月

リンクジャパン、ガスや水道の検針をクラウド化 

2019年01月30日日経新聞

あらゆるものがネットにつながる「IoT」機器開発のリンクジャパン(東京・港)は既設のガスや水道メーターの情報をクラウド管理できる機器を開発した。

LinkIcon詳しくはこちら

65歳以上も大歓迎!高齢者でも借りられる常識破りの不動産会社 

2019年01月24日DIAMOND online

 超高齢社会を迎えて、65歳以上のシニア層が急増している。65歳以上の人口は3515万2000人、割合は27.7%で過去最高である。

LinkIcon詳しくはこちら

ソニー、aiboで有料の見守りサービス セコムと協業も 

2019年01月23日日経新聞

ソニーは23日、犬型ロボット「aibo(アイボ)」で高齢者などを家庭で見守るサービスを2月に始めると発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

みんなで高齢者見守り スマホに不明情報 郡山SOS連絡会

2019年01月23日福島民報

 郡山市は四月にも、徘徊(はいかい)などで行方不明になった認知症高齢者の情報を市民のスマートフォンに直接発信し、早期発見につなげる取り組みを始める。

LinkIcon詳しくはこちら

これぞシンプルイズベスト、一人暮らしの高齢者を見守るIoT電球がMakuakeに登場

2019年01月22日INTERNET Watch

 一人暮らしの高齢者の見守りに向いたIoT電球がクラウドファンディングに登場した。目からウロコのシンプルイズベストな仕組みが特徴だ。

LinkIcon詳しくはこちら

高齢者向け生活支援 AIスピーカー活用 三井物産発スタートアップ 

2019年01月18日日経新聞

三井物産発のスタートアップ企業、ボイスタート(東京・千代田)は独り暮らしの高齢者向けに、人工知能(AI)スピーカーを用いた音声サービスを開発する。

LinkIcon詳しくはこちら

自分の孤独死「心配」50% 一人暮らしでは67% 朝日新聞社世論調査

2019年01月13日朝日新聞

 朝日新聞社が「人口減社会」をテーマに実施した郵送による世論調査によると、自分の孤独死を心配する人が半数に達した。2010年調査の37%から大きく増えた。

LinkIcon詳しくはこちら

<孤独死>葬儀現場の悲痛 遺族が遺骨の受け取り拒否「あとはやっといて」

2019年01月12日週刊女性PRIME

 近年、増加の一途をたどる孤独死。凄惨な孤独死現場はネットニュースなどの記事で広く知られるところとなったが、その後の故人の弔い、つまり葬儀はどのように執り行われているのだろうか?

LinkIcon詳しくはこちら

リストバンド型端末で高齢者見守り、異変に即対応

2019年01月11日産経新聞

 リストバンド型の端末を使い、高齢者の見守りや健康維持に役立てる取り組みが広がっている。

LinkIcon詳しくはこちら

スカパーJSAT 京セラ系のIoT基地局と相互接続

2019年01月10日日経新聞

スカパーJSATは10日、同社の衛星通信回線と京セラコミュニケーションシステム(京都市)が手がける、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の基地局との相互接続に成功したと発表した。

LinkIcon詳しくはこちら

一人暮らし高齢者に自治体が配食サービス 弁当手渡し安否も確認

2019年01月09日中日新聞

 一人暮らしの高齢者宅に自治体が食事を届けるサービスが広がっている。

LinkIcon詳しくはこちら

AIスピーカーを高齢者の話し相手に! お役所仕事を変える「パブリテック」の取り組みとは

2019年01月08日FNNPRIME

フィンテック、ヘルステック、エドテック。
テクノロジーを活用した新たなサービスが続々と生まれる中、地方自治体にもこの動きが広がっている。

LinkIcon詳しくはこちら

【高齢者の一人暮らし】SOSに誰かがすぐに駆けつけてくれる「緊急通報システム」

2019年01月07日マネーの達人

両親と離れて暮らす子供にとって、親にもしものことがあった時が一番心配です。

LinkIcon詳しくはこちら

広がる「孤食」 心身のために共食を

2019年01月06日EconomicNews

 人の健康が食事に大きく依存していることは疑いようがないが、どのように食べるかということも重要のようだ。

LinkIcon詳しくはこちら

55歳「孤独死」の危機から立ち直った彼の告白 妻との死別による悲嘆を救ったのは人だった

2019年01月06日東洋経済ONLINE

誰にも看取られることなく、ひっそりと部屋で最期を迎える孤独死(孤立死)。死者数は年間3万人といわれる。

 LinkIcon詳しくはこちら

情報掲載事業者
 
(株)アートデータ
アイテック(株)
(株)アイトシステム
(株)アトムシステム
(株)アライブ
(有)インターフェイス
(株)インタープロ
(株)ウェアポート
(株)エイジプラス
(株)エイビス
エクサイト(株)
大阪ガスセキュリティサービス(株)
(株)関電SOS
NPOきずなの会
(株)グランフーズ
(株)ケイズプランニング
(株)こころみ
コープかながわ
NPO在宅医療サポート協会
(株)C&C
周南マリコム(株)
セコム(株)
セントラル警備保障(株)
綜合警備保障(株)
象印マホービン(株)
(株)ソルクシーズ
東亜警備保障(株)
東急セキュリティ(株)
(株)パワーエレック
ピアース(株)
NPOふくふくコール
(株)プラッツ
(株)マザアス
(株)真倫管財
(株)ミマモリエ
NPO見守りふれあいセンター
みまもるん
(株)リバティ・イノベーションセンター
(株)リベロ
 
(五十音順)